妊活漢方 氣生薬局

ごあいさつ

二度の出産で二人の子供を授かりました。
生理は28日周期で日付変更線を越えようともしっかりと来ます。
10代後半には生理過多があり、月の半分以上が生理なんていうときもありました。
病院に行くと、子宮未発達だといわれましたが、どうすることもできず、数か月、薬によりコントロールし、それ以降はきっちり28日で来るようになりました。
新婚旅行から戻って子作り、なんと1日で幸運にも子どもを授かり、第2子は4月生まれの子どもがいいなぁと(私が2月生まれで…)またまた1日で第2子に恵まれました。
なんという確率でしょう?
普通は20~25%の確率でしか妊娠はないところですから。
本当であれば自身が不妊と向き合った経験をしていれば気持ちや方法などを経験に基づいてお話しできるのですが、その分、どうして妊娠できないのかを探り、その方に親身になって向き合うことに力を注いでいます。
漢方に22年携わって多くの妊活している人や、不妊治療している人たちを見てきました。
カウンセリングをしてみて、精神状態や心の問題もありますし、考え方もとても不器用に感じます。
お腹を大きくすることや、グッズのことに頭がいっぱいで、本来、妊娠することがどういうことなのかを忘れている人たちもいます。
友人が妊娠したから、など、自分の家族計画よりも周りの人に合わせる女性が多いようにも感じます。
子どもはスーパーマーケットで売っているわけではありません。
今こそ、正しい知識を身につけて、自分のタイプを知り、妊活に励んでほしいと思います。

東洋医学では、心と身体の両方をケアしながらの妊活ができます。
例えば【妊活 強Go茶】、【妊活 卵Run茶】などというお茶は、氣を発散させたり、腎(エネルギー)の力を強める生薬が入っている漢方茶です。
このように、漢方ではいろんな側面からのケアが可能です。

問題は「知らない」から。
どうすればいいの?なにが良いの?
世の中には間違った情報も含めて、たくさんの情報が溢れています。
まずは自分の心と身体の状態を知り、一緒に妊活をしましょう!!


home

東洋医学から妊娠を考える

漢方で不妊を捉えてみると、古典の一つに『備急千金要方』(びきゅうせんきんようほう)という唐の時代に書かれたと言われている医学書が浮かんできます。この古典は全巻30巻を数えるもので一番初めの巻は婦人病についてで、その最初の項目には「求子」とあります。つまり不妊のことを指しているのです。

不妊の歴史を追うと、終戦後の日本では「嫁して三年子無きは去れ」と言われた時代「石女」・「不生女」これをうまずめと読み、子供が産めない女性に対して侮辱的な言葉がありました。それが律令でも認められるなど離婚理由にまでされていることが決して珍しくなかった時代がありました。
当時から女性は大変苦しい思いをしていたのだと思います。
その後1949年(昭和24年)に日本において初めてAID(提供された精子による人工授精)による赤ちゃんが誕生誕生することとなり、さらに1978年(昭和53年)イギリスで体外受精による世界初の赤ちゃん(ルイーズ・ブラウン嬢)が誕生しました。
当時は「試験管ベビー」という言葉が聞かれました。

東洋医学から西洋医学へと変遷したことで、不妊治療に対する考え方や生殖医学の発達もみられ、一見進んでいるかのようですが実際冒頭に書いたように長い歴史を有する漢方が得意とする不妊への捉え方が現代の不妊治療に一役買いそうなことは言うまでもありません。

home
プロフィール


漢方歴20年! 新宿3丁目で漢方の氣生(きお)という薬局を経営。
私の家は医療一家です。
私は三女として産まれ、父(他界)は日本赤十字乳児院の院長を。
母は薬剤師。長女は歯科医。次女は、眼科医(専門医)です。
その中で私の感じた西洋医学とは、
私が内科にかかった際(これは循環器科ですね)、
いや胃腸科ですねと病院内をたらい回しでした
ヒトと向き合わず臓器と向き合う臓器医療さらには三分間診療が主でした。
昔の町医者の様にヒトと向き合い気軽にココロの会話をすることによって、
根治治療が実現することが漢方の世界にあることを知り、
カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志しました。
患者さんと接する中で、身体の赤信号や悲鳴は、
心からくる内因的要素が多い事に気づきました。
心理学や技法を学ぶことによって、漢方との相乗的効果がある事が解ったため、
10年ほど前にカウンセリングの学校へ通いました。
心理カウンセラーとして薬剤師として漢方と心理学の融合をもって、
患者さんの話に更にはカラダとココロの叫びに耳を傾け共感し一緒に泣き、
一緒に笑いながら 接ることが出来る場所が漢方の氣生です。
H7年 漢方に携わる
H13年10月  長野市にて久保田薬局 漢方薬の氣生 開局
H19年2月  東京都江戸川区にて 氣生薬局 開局
H22年2月  東京都新宿区新宿三丁目 漢方の氣生 開局
H27年5月  株式会社氣生 設立
H27年7月  氣生薬局 開局
現在に至る
昭和薬科大学卒業 マルエ薬局にて漢方修行(駒込にある老舗漢方薬局)
八ツ目製薬 八ツ目漢方薬局 上野店 店長

サプリメントアドバイザー資格取得
日本プロカウンセリング協会 1・2級取得
日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師取得
漢方茶アドバイザー
漢方茶マイスター
講師多数 漢方茶アドバイザー・漢方茶マイスタースクール開講


氣生薬局のご紹介


所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目12-7小守ビル1F
TEL/FAX
03-3353-8856
営業時間
月~金曜日/10時~19時、
土曜日(漢方茶アドバイザー・マイスタースクール開講)
定休日
日曜・祝祭日
代表取締役社長
久保田 佳代
お問合わせ
こちらからお問い合わせください


大きな地図で見る